FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2021年04月
2021-04-30 (Fri)

見当違い2

   見当違い2  悟りとは何か?(『漱石全集月報』) http://mn266z.blog.jp/archives/24499132.html 楽山日記(LD) 楽山が、二人の小説家の言葉を、単純と言っています。単純なのは、楽山です。 >野村傳四氏によると、夏目漱石は悟りについて次のように言っていたそうだ。「私は途中、先生に「悟り」と云ふ事を御尋ねしたら、先生は言下に「彼も人なり我も人なりと云ふ事さ」と敎はつた事を明らかに記憶して居る。(『...

… 続きを読む

2021-04-29 (Thu)

さかのぼる矛盾3+

   さかのぼる矛盾3+  さかのぼる矛盾 https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12448602201.html 再録+  いたはずの先祖から幾千年の恨みの坂を今をさかのぼりいずれ上らねばならぬ 経験は否定できない個人にとっては真実になりうる経験から与えられ考えたことは否定できないしかしあまりに出る杭は打たれてマイナスの経験が繰り返されるとあらゆるものから身を引くことが真実になってくる信じて待ち望むことが罪に思われ...

… 続きを読む

2021-04-28 (Wed)

凶暴な反復2

   凶暴な反復2   2020年03月28日 『若い読者のための『種の起源』』ダーウィン著、ステフォフ編著 http://mn266z.blog.jp/archives/24129552.html 楽山日記(LD)  ダーウィンを持ち出してきました。そして、読んで大正解、納得できる、と言っています。科学の部外者の立場では済まない傲慢は、進化論でキリスト教とキリスト信仰をおとしめる狙いが以前からあるという理由によります。 楽山の凶暴性は、自己愛、自己...

… 続きを読む

2021-04-27 (Tue)

春・ポエム?

 一休み。批判と、詩のようなもの、昔々の春の詩4つ。宗教1つ+あり合わせで申し訳ない。  いつも不真面目な反キリスト楽山のツイッターです。 楽山の、まとも芝居にだまされてはいけません。 >心機一転★こも楽山@komo266なんとなしに、『ジョーズ』で、人喰いザメ対策より、経済優先を主張する人がいたことを思い出しました 顔文字(口を開けて冷や汗をかいた笑顔)引用ツイート「釈 量子@shakuryoko · 4月23日“戒...

… 続きを読む

2021-04-26 (Mon)

楽山の有為と煩悩

   楽山の有為と煩悩  『万人に語りかけるブッダ 「スッタニパータ」をよむ』雲井昭善著 2021年04月24日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28858078.html  また、楽山の、理解力、感受性、共感力の欠如を、偽りの机上の屁理屈を、真実に向き合うことのない怠惰を、いつものように都合のよい言葉漁りで、人の口を無断で借りて、筋の通った、などと言う身の程を知らない賛同などして、楽山は、せっせと、ご...

… 続きを読む

2021-04-25 (Sun)

救われる条件(2)2

   救われる条件(2)2  キリスト者になると柔和な人間になるとあるいは社会的基準においても善人になると思われているかもしれません。 信仰の結果として善を目指すでしょう。 しかし、実際は、必ず善人になるかどうかは分かりません。普通の人間と同じようにときに頑なになることもあります。 さらに信仰があるという自覚ゆえに特に教理や善と悪と罪の意識においてかえって人一倍、頑なになることがあります。 それは...

… 続きを読む

2021-04-24 (Sat)

楽山の舐めるもの

   楽山の舐めるもの  楽山は、他者の口を借りるしか能がないので、またしても、人に舐めてもらうように、他者のツイートを載せています。最も見苦しい手口で、宗教をおとしめて、自分の言い分を肯定したいのでしょう。恥も外聞もない。こうは、なりたくありません。 楽山は、人を無視して見なくなったために、自らがいかに醜いことをしているか、気づかないでいられます。こうやって、言論者を、舐め続けているのです。殆ど...

… 続きを読む

2021-04-23 (Fri)

神について語るには3

   神について語るには3  キリストや聖霊についても同様ですが神という御方を考えるとき全知全能の神については私たちの概念の箱には到底納まらないということを先ず言いたいのです。 神と聖書について人間が持つべき箱は修正可能な分かった "つもり" の箱と分からない保留の箱だけです。 したがって「神」を概念や観念として言葉で考えることは無理すれば人が全能者を扱うことになり教条主義という罠に堕ちるでありましょ...

… 続きを読む

2021-04-22 (Thu)

楽山の失格

   楽山の失格 (映画)  『美しき誘惑-現代の画皮-』のルーツを探る 2021年04月17日 幸福の科学とは何だろう?ブログ(楽山) http://mmknky21.blog.jp/archives/9216946.html  抜粋して批判 >真意は分からないが、同じ材料、テーマの先行作品があったり、影響を受けた作品がある場合には、それを無視するのではなくて、きちんと作品名を明らかにして敬意を示したらいいのにと思う。それがないのは残念。< 「敬...

… 続きを読む

2021-04-21 (Wed)

飲兵衛さんの思い出2

 飲兵衛さんの思い出。再録+https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12448086748.html学生時代の思い出です。    飲兵衛さんの思い出3  昔学生の頃バイクで帰ってきて路地へゆっくり入ったところで赤いお鼻の飲兵衛さんがバイクに近寄ってきて紙切れのようなものを差し出して訳の分からないことをたいそう不機嫌そうに言うものでうるさいから無視して進もうとエンジンを吹かし始めたら怒ってバイクの前に立ち塞がってしまった...

… 続きを読む