FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2020年08月
2020-08-31 (Mon)

楽山の霊言悪用(2)

   楽山の霊言悪用(2)  『シルバー・バーチの霊訓(二)』シルビア・バーバネル編、近藤千雄訳 2020年08月29日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/26057394.html  楽山は、長く書くことで、潰しが効くとでも思っているのでしょうか。その(2)。 >*性分シルバー・バーチは、理性的判断のみならず、自分の性分に合わないものは拒否してよいとしている。「いかに立派な霊であっても、いかに高級な霊で...

… 続きを読む

2020-08-30 (Sun)

楽山の霊言悪用(1)

   楽山の霊言悪用(1)  『シルバー・バーチの霊訓(二)』シルビア・バーバネル編、近藤千雄訳 2020年08月29日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/26057394.html  楽山は、長く書くことで、潰しが効くとでも思っているのでしょうか。2回に分けます。 >*全体の感想本書を読むと、妄信、軽信を戒める言葉が多いことが印象的である。以下に、その点について書いてみたい。*常識、知性、理性という基準...

… 続きを読む

2020-08-29 (Sat)

楽山のブーメラン

   楽山のブーメラン  信者ブログを見てみた(読書、HSの自由論など) 2020年08月28日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/26044279.html 抜粋です。  楽山は、自身の言った言葉によって、自身に返されてゆきます。それをブーメランというのだそうです。また、長い文章なので、抜粋して批判します。私がよく知らないHSのことが多いようですから、引用のリンクを省略しているところもあります。 楽山は、...

… 続きを読む

2020-08-28 (Fri)

排泄の口、誰の前で幼子?(改)

  「排泄の口、誰の前で幼子?」 https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12457324506.html を修正して再録します。    排泄の口(改) 神も聖書も謎だらけだが救いと恵みの後に先に戒めがあっても祈る姿勢くらいは持っていられる しかし信仰と聖句について言行不一致の不正直な人が同じようなことを言ったりするとなぜか違和感から不快になることさえある 自分も言うかもしれないのにだから悔い改める正直さだけは持ってい...

… 続きを読む

2020-08-27 (Thu)

楽山の弁解

   楽山の弁解  自己中心的な人(HS教祖と信者の抱える問題) 2020年08月25日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/26013897.html 抜粋です。  また、楽山は、発作のように長いだけの記事を書いています。今回、楽山は、HS批判をしているつもりのようですから、抜粋して批判します。 楽山がHSを批判しているというより、自分はHSではないという弁解と、結論ばかりの悪口にしかなっていないようです。...

… 続きを読む

2020-08-26 (Wed)

楽山の霊格?と人格

   楽山の霊格?と人格  信仰心と霊格の関係(ツイッター) 2020年08月22日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25971633.html  書けば、根拠もなく、自分を高める婉曲ボンヤリ言語になる楽山です。こういうのは、自分の正体を言わないで自己正当化してくるだけですから、中身を見ようとするだけで、疲労だけを与えられることになります。理非ではなく、恐ろしい因業なのです。 >少し前に、『シルバー・バ...

… 続きを読む

2020-08-25 (Tue)

楽山の無感情

   楽山の無感情  怒れない人(ツイッター) 2020年08月22日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25971554.html  楽山は、前にもまして、とても気色の悪い記事を書いてきました。怒らないこと、怒れないこと、というのは幸いでしょうか。 >ブックマークしておいたツイートを見返していたら、次のツイートがあった。2020-08-20 (7)怒れない人https://twitter.com/badassceo/status/1294464140715540480< ...

… 続きを読む

2020-08-24 (Mon)

アドラー心理学(再録)

   アドラー心理学(再録) 楽山は、アドラー教(アドラー心理学)の宣伝をしていました。去年の今ごろ書いた、私のこの記事は、楽山をモデルとしています。実に、よく当てはまるからです。  アドラー心理学(2)2019-08-24 00:01:46 https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12510892257.html  ネットでの読み書きで判断したことを書いておきます。 表に出ているのは、アドラー心理学という19世紀から20世紀に生きていた...

… 続きを読む

2020-08-24 (Mon)

楽山のごますり

   楽山のごますり  『古事記 完全講義』竹田恒泰著 2020年08月23日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25983646.html  著者は、旧皇族で、テレビ討論会にも出ている有名人で、保守の右寄りと言われている人です。そういう人を立てて、何を言うかといえば、大いに賛同して、自分を高めたいだけなのです。 >近頃は、古事記とその解説書をいろいろ読んでみているのだが、本書は特に分かりやすくて面白い。...

… 続きを読む

2020-08-23 (Sun)

楽山の偽り方

   楽山の偽り方  自分の考え方 2020年08月22日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25974312.html  楽山は、人の言葉を悪用して、自分を高めようとし、また、自己正当化を図ります。楽山が、正当だと認められるなら、宗教は何の意味もなくなるでしょう。楽山は、ときどき発作みたいに、まとめて記事を書きます。 私は、反キリスト楽山の資料として、批判記事を書いてゆくだけです。私が生きておれば、しば...

… 続きを読む