FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2018年10月
2018-10-31 (Wed)

「敵を愛せよ?」

   敵を愛せよ?  世の中は、誰でも頷けるような、月並みなことを言うのが流行っています。信仰の世界でも、誰もが否定しないような教理話で惹きつけて騙そうとする者がいます。 牧師経験者を名乗る者が、信徒より分かっているなんて思わないでください。特定の信徒が、牧師より、話が深いなどとも思わないでください。誰かをつけあがらせるようなことは、やめましょう。人間は、つけあがりやすいからです。 信徒と牧師、信...

… 続きを読む

2018-10-30 (Tue)

「怨念と信仰」

   怨念と信仰    御霊信仰と怨霊神を守護神に変える心理    https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28771190.html    by shalom (シャローム、シャロム、あなた、彼)  批判する必要がないほどに優れた引用記事なのです。なぜ、シャロームは自分のブログに書くのでしょう。シャロームが扱うと、気色の悪い騙し技になって、胡散臭い文章になってしまいます。 引用文献によって自分が斬られていることに気づか...

… 続きを読む

2018-10-29 (Mon)

「響き」

   響き  信仰においては 心に響いたことだけを受け取りましょう。 それでは不十分になりますが 心に響いたことは 心が活動していることであり 心に残るでしょう。  心に響いていないことを辻褄合わせだけで受け取ると それは嘘になります。 心に響かないことは 心を縛るだけです。 言い張っても思い込んでも 響かないし働きにならないのです。 それは絡みついた針金のようなもので 縛るけれど恩恵がないのです...

… 続きを読む

2018-10-28 (Sun)

「神と書いた紙」

   神と書いた紙    回復された神の国    https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28768737.html    by shalom (シャローム、シャロム、あなた、彼)  言うだけなら、書くだけなら、聖書由来の美辞麗句は、たくさんあります。それを聖書語と呼んでいます。また、仲良くしたいと思わせるためだけの状況にそぐわない丁寧な書き方もあります。それを丁寧語と呼んでいます。その2つしかないシャロームの、実感も実...

… 続きを読む

2018-10-27 (Sat)

「カルトの慢心」

   カルトの慢心  神は神を恐れる者に信仰の義を与えます。 しかるにカルトは自分の思い込みの解釈上の神を讃えますまるで自らの不義を隠すかのように自らの慢心を神に向けて自分の神を誉めまくるのです。 人はいずれ自らの慢心を砕かれます。何よりも必ず地上の命は終わります。 ゆえに私たち信仰者は神を恐れるゆえにキリストの愛に縋ります。 しかるにカルトはいつも、そして、臨終においても自らの慢心を神に見せてそ...

… 続きを読む

2018-10-26 (Fri)

「カルトの時空」

   カルトの時空  聖書という書籍はキリスト教の聖典であり聖書を読むことで生涯にわたる記憶になったりその中から信仰に導かれてキリスト者になる人も出てくるわけです。 聖書はあるとき読んだけれどピンと来ず別の機会に読んで心に響くということもあります。全然分からなかったのが後で分かることもあるでしょう。ということはそのとき分かったと思ったこともさらに理解が更新されることもありうるということです。 つま...

… 続きを読む

2018-10-25 (Thu)

「ヨハネ書:ニコデモ」

   ヨハネ書:ニコデモ  ヨハネによる福音書から、もう一度ニコデモについての記事を引用して考えてみます。このように同じ聖句をまた考えるということは何度も繰り返すことになるのでしょう。 私の現時点での見解に過ぎません。 書名のない引用聖句は、ヨハネによる福音書です。 ニコデモは、パリサイ人の中で唯一例外的な言動をしています。 パリサイ人らしい教条主義の表れと、それだけではないところとが描かれていま...

… 続きを読む

2018-10-24 (Wed)

「聖なる体験?」

   聖なる体験?  神と名乗る者が、いかにも聖なる者?のように現れたという体験をしたらあるいはそのような気分になったらどうする?という話を前にしたので、以前から考えることがあって困ってもいたところの聖なる体験というものについて改めて考えてみます。 聖書の預言と言えば旧約聖書にあるような神が直接語りかけたり夢のお告げであったりします。 また一方で信徒も預言や異言をすることがあるようなことが聖書には...

… 続きを読む

2018-10-23 (Tue)

「自分信仰の憲法」

   自分信仰の憲法    神の国の憲法    https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28762313.html    by shalom (以後、シャローム、シャロム、あなた、彼)  意地になっているのでしょうか。前にも似たような・・と思いますが、シャロームは、長い記事を書いています。書く資格はないと言って、その根拠をいくら示しても、シャロームは、自尊のために書いてきます。 そして、またしても、批判だけでなく、引用記...

… 続きを読む

2018-10-22 (Mon)

「無罪信仰?」

   無罪信仰?  罪は十字架の贖いによって赦されて今は罪はないあるいは罪は死ぬまで赦されている (罪は前もって許可されることはないし  何やってもいいよと事前に赦されることもない)と信じている人が結構いるようだ。 今、罪人でないならば今のままでよいということになる。 今、罪がないということは、完全ということ。 何を言っても言われても相手が悪いということになる。 反省をしなくなる。 成長しなくなる...

… 続きを読む