FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2018年08月
2018-08-31 (Fri)

「話をするが聞かないシャローム」

   話をするが聞かないシャローム    日本人の会話のスタイル     2018/8/29(水) 午前 9:00   https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28697286.html    by shalom (以後、シャローム、彼、あなた)  >この記事は中根千枝著「タテ社会の人間関係」(単一社会の理論)>〈7.人間と人間の関係〉より引用。>講談社現代新書1967年発行。900円(税別) >著者紹介 (ウィキペディアより)中根 千枝(なかね ...

… 続きを読む

2018-08-30 (Thu)

「人間離れへの伝道」

   人間離れへの伝道    あなたの王はだれ?国籍はどこ?    https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28696948.html   (2018/8/28(火) 午前 10:01)    by shalom (以後、シャローム、彼、あなた)  前の記事で私は次のように書きました。 「偽善は必ず 言動のどこかに自己正当化が入っている。」 非を認めず、罪を認めず、人を人とも思わず、人の言うことを聞かず、人のコメントを削除して、自己正当化を...

… 続きを読む

2018-08-29 (Wed)

「罪人と悪人と偽善」

   罪人と悪人と偽善  自分は罪人あるいは悪人だと言いながら平気で笑って罪あるいは悪を重ねることは罪人あるいは悪人の救いを悪用した偽善であります。 これはキリストによる罪の赦しと罪人の救いをあるいは悪人正機をさらに逆に悪用した偽善なのです。 真の罪人あるいは悪人の自覚にはその自覚において真摯であることが少なくとも暗示されている必要があります。  キリスト信仰の立場から言うと罪人であると認めながら...

… 続きを読む

2018-08-28 (Tue)

「讃美と忠実」

   讃美と忠実  カルト的崇拝によく見られるものとして過剰な讃美があげられる。 折々の理由のある感謝と違って讃美は曲者の大好物である。 感謝することは下から上の印象を伴うが誉めることはよく出来ましたという上から下への印象を伴う。さらに讃える理由が具体的にあればそれは寧ろ感謝の祈りとなるだろう。讃えることは讃える理由が特別ないときに呪文のごとく神を褒めまくっていることが多い。 分かりもしないのにま...

… 続きを読む

2018-08-27 (Mon)

「神とカルト」

   神とカルト  何らかの利益を目的とするカルトは神を信じてなどいない。 むしろ神などいないと信じているからこそ平気で神の名を利用して信者を従わせようとするのだ。 したがってカルトは信仰を知らないから神の信じ方を知らない。 ゆえに神の名を騙る上でカルトは信仰についてまともなことが言えないからそれらしいことを作って言うしかない。 だからカルトは超能力や神のお告げなど超常の話をするしかなくなる。 神...

… 続きを読む

2018-08-26 (Sun)

「気づかないシャローム(2)」

   気づかないシャローム(2)    「批評」の確立の困難さ     https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28691854.html     by shalom  (以後、シャローム、あなた、彼)  シャローム氏は、上のタイトルの記事を、補足したようです。安易な譬えを、意地で貫こうとしているようです。その結果、人間の原罪という重要な問題を表している創世記の話を、夫婦喧嘩みたいに語って、結局、恐ろしい結論に達して...

… 続きを読む

2018-08-26 (Sun)

「冷静な情緒」

   冷静な情緒  デジタル大辞泉より引用「じょう‐ちょ〔ジヤウ‐〕【情緒】《「じょうしょ」の慣用読み》1 事に触れて起こるさまざまの微妙な感情。また、その感情を起こさせる特殊な雰囲気。「情緒豊かな作品」「異国の情緒があふれる」「下町情緒」2 「情動」に同じ。「情緒不安定」 」  情緒は感情の一種だからタイトルの冷静な情緒というのは言葉の上では矛盾しているかもしれませんが 感覚、感情、意欲、思考は、不...

… 続きを読む

2018-08-25 (Sat)

「気づかないシャローム」

   気づかないシャローム    「批評」の確立の困難さ     https://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/28691854.html     by shalom  (以後、シャローム、あなた、彼)  シャローム氏は、引用文献とシャローム氏の文章が自分を斬っていることに、シャローム本人だけが気づかない、という記事を書いています。 >この記事は中根千枝著「タテ社会の人間関係」(単一社会の理論)>〈7.人間と人間の関係〉よ...

… 続きを読む

2018-08-25 (Sat)

「言い逃れ」

   言い逃れ  ハハ、フフと書いてきたからこちらを笑ったと返したら微笑みですなんて 微笑みは表情であって声ではありません。 神の義と人に与えられる信仰の義は違うと書いたら神が義としたのだと言い張るなんて 誰が義としたかではなく二つの義の違いを説いているのに話をそらして言い逃れ。 理路が分からないのは言い張ることしかできないカルトだから。となると笑ったと書けば返してきそうだ。ハハ、フフは、文字であ...

… 続きを読む

2018-08-24 (Fri)

「教条のカルト(5)」

   教条のカルト(5)    今回もtodaさんの記事を評価します。    https://blogs.yahoo.co.jp/tenzinkuoshi/64580853.html    by Yhoshuah (以後、ヨシュア、あなた、彼)  「少なくとも キリストに救われた人々は 超常でもなく優秀でもなく有能でもなく キリストの理解者でもなかったのだから 」 >そう言いきれますか?救われた人全部がダメな人ばかり?違うでしょう、それはあなたの思い込みで想像の範囲...

… 続きを読む