FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2018年07月
2018-07-31 (Tue)

「MgM批判:批判ストーカー?」

   MgM批判:批判ストーカー?    追記あり、批判ストーカーされてます。   https://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/43071811.html    by Mary Magdalene (以後、MgM)    Yhoshuah (以後、ヨシュア氏)が書いた可能性あり)    というより、二人は同一人物である可能性が高い    と今回の記事を見て思います。  一応、MgMの記事として見てゆきます。記事のあとのほうに次のように書い...

… 続きを読む

2018-07-31 (Tue)

「キリスト教と偽るカルト」

   キリスト教と偽るカルト    マグダラのマリアの部屋(Mary Magdalene)   アブラハム、イサクをささげる時、。by Mary Magdalene   https://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/43057336.html    のコメント欄  キリスト教と偽るカルト。心霊現象を語り、賛同意見以外は認めないサイトです。 >ここは私のサイトです。> 言わば私のお家です。> 人の家に批判という名の土足で上がり込むのはマナー違反です。...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「呪いと脅迫」

   呪いと脅迫      アブラハム、イサクをささげる時、。    https://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/43057336.html     因果応報    https://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/43070697.html     と言っていますが・・  もろに脅迫されているようです。 >自分が悪意をもって、>正当な理由もなく、個人的感情のまま>人を批判し陥れたり脅したり、罵ったら、 批判は、悪意で行うことではなく...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「信仰を学ぶとは」

   信仰を学ぶとは  超常の救いの筋書きを学んでも信仰を学んだことにはならない。 超常の救いの筋書きに詳しくなってもつまり教理の解釈に詳しくてもそれは聖書の中で一応知っておくことであって信仰を語る上で少しも進歩したことにはならない。 超常に心から感動することはない。超常の話に心から救われることはない。それだけでは起こりそうもない夢の話である。それらは参考にする知識に過ぎない。 超常のことは人間に...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「批判の根拠」

   批判の根拠  他者の信仰を批判するのは良くないという話を聞きます。 その背後には敬虔という意味を人の言うことに文句を言ってはいけないと取り違えていたり、  (エペソ人への手紙、口語訳)4:29悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。 (エペソ4:29、新約聖書) という聖句によって、批...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「聖霊」

   聖霊  聖霊は聖三位の御一方神の領域の御方であり神でありキリストであるとも言える御方。 聖霊が降りることは神や顕れることと同値である。人は恐れて跪くべきことである。 ある人に聖霊が降りたかどうかはその人がそれにふさわしい言動であるかどうかをもって推測されるにすぎない。 それは奇妙な言動ということではない。安らかに見えるということでもない。 キリストと同じように誤りがないのに謙虚であるかどうか...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「身の丈」

   身の丈  人間は人間の身の丈しかないのに人間の身の丈で神の身の丈を測りうると思い込み神の意志が正確に分かるようになりますなどと言っている者がいます。 人間が神を考えるときどんなに想像を逞しくし聖書の儀式や慣習など言葉の辻褄を合わせてもそこに対象となる神は人間の身の丈の神でしかありません。つまり偶像です。 つまりそれは本当の神の偉大さを人間の身の丈で論じようとするような傲慢不遜に過ぎないことで...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「批判(9)人格障害そして悪魔」

   批判(9)人格障害そして悪魔    批判対象:   心に病を持つもの。BY YHOSHUAH (以後、ヨシュア氏、あなた、彼)  https://blogs.yahoo.co.jp/tenzinkuoshi/64560538.html  批判の前に、以前、偽牧師の偽善者を批判したことがあることは、既に記事に書きましたが、 その偽善者は、自分の言い分が通らなくなったときまず、聖句を長々と引用しまくります。こう書いてある、こう書いてある、だから文句を言うな、...

… 続きを読む

2018-07-30 (Mon)

「批判(8)パリサイ人」

   批判(8)パリサイ人    批判対象記事:「パリサイ人とは。」 2018/7/25(水) 午前 5:48    by Yhoshuah (以後、ヨシュア氏、あなた、彼)    https://blogs.yahoo.co.jp/tenzinkuoshi/64558882.html  現代のパリサイ人と、私が言うのは、聖書の言葉にこだわり、人間離れして、信仰者に災いをもたらす人たちのことです。ところが、そのパリサイ人を弁護するような記事を書いている人がいます。 >よく クリ...

… 続きを読む

2018-07-29 (Sun)

「聖書を読むということ」

   聖書を読むということ  私たち人間はデータの蓄積や計算ではコンピューターに遠く及びません。しかし人間には直観的理解というものがあります。それはイメージであったり情緒であったりさらには理路であることさえもあります。 例えば数学の数の概念は直感的に理解しなければ先へ進めないということがありゆえに数は何故あるのかをいちいち考えて問題を解くことはないということです。 芸術的な美というのも必ずしも情緒...

… 続きを読む