FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2018年03月
2018-03-31 (Sat)

「理路以上」

   理路以上  聖書の散文的な理路を整えて信仰を語ったつもりならば間違いがあります。それは早く正したほうがよいと思います。 信仰の始めにおいて聖書、説教、讃美歌、などから、何か感動したことがあるはずです。でなければ信仰の世界に生きる決意など出来はしない。 しかしいつも感動するということは今の時代にいつも喜んでいるのと同じくらい変です。 神が人に与えた善い心、佳い心、好い心、良い心つまり良心を育て...

… 続きを読む

2018-03-30 (Fri)

「聖書」

   聖書  聖書を読み始めたときから心に残る聖句を思い出しては知りたいから学ぶことでキリストとの縁を感じてゆくのでしょう。 だから現象としては、聖書から信仰を学び取って信仰の道を歩む決心をした過去があります。 だから現象としては、死ぬまで、または、神がこの世を裁く終末の時までこれからも聖書から学び取ることになりますが、最初と違うのは人間としての経験が積み重なってくることです。 心に残る聖句がある...

… 続きを読む

2018-03-29 (Thu)

「愛と信仰」

   愛と信仰  愛とは、広辞苑によれば大切にすること・・等々書いてあります。ここに人の愛憎が絡むので他にもいろいろ書いてあります。 私たちが信仰を学ぶのは何のためでしょう。キリスト教は愛の宗教だと言われます。 他の宗教においてもまた個人の道徳においても愛、慈愛、仁愛を施すことが勧められるでしょう。 しかし愛という言葉を口にするのが何か恥ずかしいのは何故でしょう。 男女の愛を連想するから恥ずかしい...

… 続きを読む

2018-03-28 (Wed)

「教えと救い」

   教えと救い   (マタイによる福音書、口語訳)5:27『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。 5:28しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。 (マタイ5:27-28、新約聖書) 前にも書きましたが、キリストのこの厳しいと思われる教えを私が受け入れられるのは、守れという意味ではなく、罪なき者は一人もい...

… 続きを読む

2018-03-27 (Tue)

「偽善」

   偽善  福音書が教えていることは複雑なことではない。  (マルコによる福音書、口語訳)2:5イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。 (マルコ2:5、新約聖書)  (マタイによる福音書、口語訳)7:21わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。 7:22その日には、多くの者が...

… 続きを読む

2018-03-26 (Mon)

「讃美と魔性」

   讃美と魔性  日本語の文章において、終止形や命令形で書かれているところは、著者の言いたい度合いが、必ず、なのか、できれば、なのか、分かりにくいところがあります。聖書については、原語に詳しくない私としては、せいぜい日本語の文脈と人間の現実と理想を考えてゆくしかありません。  (へブル人への手紙、口語訳)13:14この地上には、永遠の都はない。きたらんとする都こそ、わたしたちの求めているものである。1...

… 続きを読む

2018-03-25 (Sun)

「人間と魔性」

   人間と魔性  魔性は人間の心のうちにあり意地や強がりや優劣などで人を惑わせてことごとく神に与えられた良心と対立します。 人間は人間の心ですなわち人間の知情意で共鳴することしか受け取れないはずです。 奇跡を聞いて分かったつもりになり受け取ったつもりでもその内実は皆無であります。奇跡は人間の知情意で理解することなど出来ないからです。 理解できなくても受け入れるのが信仰だと言う者たちが中身のないも...

… 続きを読む

2018-03-24 (Sat)

「何のために」

   何のために  勘違いしている向きがあるようだが神に従って生きるのが信仰ではない 神に従える者などいないそれゆえに救いが必要なのである 神に従えないでいる自覚それこそが信仰であり救いの条件である 神に従うことを教えるのは福音も信仰も伝えたことにはならない 信仰の喜びだけを伝えていたら神に背いている圧倒的な事実の前に立ち尽くすことになるだろう 人の良心は脆弱だが人が目一杯のその良心に従って行いそ...

… 続きを読む

2018-03-23 (Fri)

「感情」

   感情  感情という言葉は、感情的という言葉や、感情に流されるという言葉があるように、心を乱し判断を鈍らせるものという印象があるので、私は、心情、情感、情緒、感性といった言葉を好む。 情感といえば、情感あふれるという言い方があるように、好ましい意味で使われることが多い。 ここでは感情という言葉は、心情または情感の意味を言っていることになるのだろう。紛らわしいようだが、意味と用法を考えれば分かる...

… 続きを読む

2018-03-22 (Thu)

「自ら救おうとする者たち」

   自ら救おうとする者たち  前にすでに引用した聖句を、また、テーマといたします。  (マタイによる福音書、口語訳)5:27『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。 5:28しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。 (マタイ5:27-28、新約聖書) このような極端とも思える教えを、なぜキリストは説いたのか...

… 続きを読む