FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2016年09月
2016-09-30 (Fri)

「自分を崇める者」

    自分を崇める者  その名は不思議 あがめられるのは主のみだ  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27718744.html 2016/9/29(木) 午前 11:20  人の意見を聞かず、封殺し、削除し、コメント欄を閉鎖して、自分の立場を偽装し、そのことを隠し続けている彼、シャローム氏は、まだ、記事を書く資格があると思っているようです。神を恐れぬとはこのことです。彼は、今、声をあげて、神を蔑ろにしているのです。 神...

… 続きを読む

2016-09-29 (Thu)

「クリスチャンもどきの書き捨て」

   クリスチャンもどきの書き捨て   桃栗三年、柿八年  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27716858.html 2016/9/28(水) 午前 7:48  ○○3年○8年  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/3447995.html 2009/7/12(日) 午前 7:33  彼は、3年でも8年でも、甘い根性で、渋い果実を収穫したいようです。どこまでも、偽善と隠蔽の道を進むことをやめないようです。これはキリスト者の歩んでよい道ではありません...

… 続きを読む

2016-09-28 (Wed)

「腹を満たす器」

    腹を満たす器  その名は不思議 生きる道 http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27713370.html 2016/9/26(月) 午前 7:52  おなかと心を満たすもの  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/25066953.html 2013/11/27(水) 午前 11:17  >一時的で終わってしまうもの。それは朽ちる食物です。楽しみも、喜びもそうです。 彼の楽しみは、善人として、この世で尊敬されるための、見かけ、体面、体裁、以外には...

… 続きを読む

2016-09-27 (Tue)

「悔いない牧師」

   悔いない牧師  懐かしいおばあちゃん  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27711674.html 2016/9/25(日) 午前 8:29  なつかしいおばあちゃん  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/9661680.html 2009/11/20(金) 午後 9:46  私の記事「踏み荒らす者」で、大好きな聖句として引用した聖句ですが、  (イザヤ書、口語訳)46:4わたしはあなたがたの年老いるまで変らず、 白髪となるまで、あなたがたを...

… 続きを読む

2016-09-26 (Mon)

「早食いと偏食」

   早食いと偏食  早食い癖と塩分には用心!  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27710241.html 2016/9/24(土) 午前 10:58   (詩篇、口語訳)19:7主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。19:8主のさとしは正しくて、心を喜ばせ、主の戒めはまじりなくて、眼を明らかにする。19:9主を恐れる道は清らかで、とこしえに絶えることがなく、主のさばきは真実であ...

… 続きを読む

2016-09-25 (Sun)

「踏み荒らす者」

   踏み荒らす者  「背負い、抱き、運ばれる神」  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27709489.html 2016/9/23(金) 午後 9:44  豊富な記事の蓄積のあるサイトから、しばしば、彼が、最近好んで転載してくるようです。 >私たちは神キリストがともにおられることを喜びとし、新しい身分とされて、>この世にあっては寄留者、旅人として歩み続け、目指すは御国、神の国だ。 一人のキリスト者が信仰について語った言...

… 続きを読む

2016-09-24 (Sat)

「偽善の発症」

   偽善の発症    ・・おもに経過報告(?)  私は、彼のしてきたことを、プロとも呼び、生業とも呼んだ。彼のしてきたことには、他者に表面的に、よく見られるための、また、対立者を追い払うための、ノウハウがあると思っているからだ。 彼は、恐らく、若い頃に苦労したのだろう。そのどん詰まりの苦しみから救ってくれたのが、キリスト教だったのだろう。そこには、教会と牧師の何らかの働きかけがあったのだろう。苦...

… 続きを読む

2016-09-23 (Fri)

「耳なき口」

   耳なき口  信仰を語るのに人間的な関係性の考察が出来なくて 使い古しの煉瓦を並べては悦に入って感謝ですねと伝えたつもりになる愚かさは 決して文才云々ではなく信仰生活の態度において聖書の先生として自分は神の言葉を伝えるのだからと自分が心遣いをする必要を感じずに 耳ある者は聞くがよいという聖句の救い主の記憶だけで驕り高ぶった位置に安住してきたから 心遣いをどうすればよいのかが分からないだけでなく...

… 続きを読む

2016-09-23 (Fri)

「誰?」

   誰?  その名は不思議 生活の断捨離  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27706455.html 2016/9/22(木) 午前 8:35  まず、彼の記事を読んでください。そして、これまでの記事と比べてほしいと思います。 同じ人が書いたとは思えない・・。 前半の引用は、今まで、よく引用されてきた日記のshirasagikaraの日記http://d.hatena.ne.jp/shirasagikara/20090914からです。「2009-09-14」をクリックすると分かるよ...

… 続きを読む

2016-09-22 (Thu)

「暴虐の偽善」

   暴虐の偽善  生活の中の聖書 「正しく聴く者でありたい」  http://blogs.yahoo.co.jp/jc_brother/33607488.html  のコメント欄  シャローム氏の記事の転載元サイトのコメント欄に、彼が書き込んだコメントです。彼の特徴的な筆致、押しつけがましい語尾の「ね」付きのコメント。彼が行ったおびただしい偽善の事実を、彼は全く無視しています。 コメント欄: 善悪を知る木の実を食べると死ぬ・・・とは聴く耳と心を...

… 続きを読む