FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2016年08月
2016-08-31 (Wed)

「その名は迷走」

   その名は迷走  {迷走、逆走せず進む}  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27665135.html  迷走そして逆走している、彼、シャローム氏が、この記事を転載したのは、とても不可解です。今もなお、人に向かって、こんなことが言えるつもりなのでしょうか。自分に向けて、ということなら、転載する必要はないのです。人に教えることより、自分が読んで、ひたすら、反省してほしいのです。今は、それだけが必要です...

… 続きを読む

2016-08-31 (Wed)

「世間体と体裁」

   世間体と体裁  今も、世間体大明神信仰や、体裁大権現信仰から、逃れられず囚われて、・・それらは、既に人間を苦しめる世俗の代表みたいな神?であるが(※1)・・、それら、巷の道徳から生まれた、本意を無視した、見かけだけの判断から、キリストを信じると言いながら、見かけを気にして、真の信仰からは、大きく外れた行為を平気でやって、しかも、ずるずると、言い逃れしか言ってこない者を、日常的に見せられてしま...

… 続きを読む

2016-08-30 (Tue)

「まさかの言い逃れ」

   まさかの言い逃れ   「まさか」の福音  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27661063.html 2016/8/29(月) 午前 8:01 「まさか」へ飛躍の道  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/24739561.html 2013/8/19(月) 午前 9:50  彼の前の記事について、 >イエスは人の道を歩くことを期待した弟子たちやすべての人々に反して、>人の道の行きづまりである十字架の道を歩まれたのです。>人の道の行きづまりと破...

… 続きを読む

2016-08-29 (Mon)

「ペロッと偽善?」

   ペロッと偽善?  なぜ、どういう経過をたどったら、神を讃美し、福音を語っているつもりでありながら、その裏の顔で、ペロッと舌を出すかのように、偽善を施すことが出来るのだろう。さらに、どう考えたら、隠せば分からない、ばれなければいい、などと見なして、偽善を続けることができるのだろう。 確かに、人間離れは、道理も何もなく、常識はずれの忍耐を示すことがある。つまり、周りのことを、完全に無視する力は恐...

… 続きを読む

2016-08-28 (Sun)

「罪の言葉だけ」

   罪の言葉だけ  カインの末裔  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27657523.html 2016/8/27(土) 午前 10:23  彼、シャローム氏が、ようやく罪についての記事を書いたか、と思ったら、やはり前に書いた記事のコピーのようです。他者を断罪し、自分を責めない筆致は、そのままです。  (創世記、口語訳、適当に改行を入れています)4:1人はその妻エバを知った。彼女はみごもり、カインを産んで言った、「わたしは...

… 続きを読む

2016-08-27 (Sat)

「不気味な婉曲」

   不気味な婉曲  今の時代の表層を流れるところの最も不徳というのは 分からないと言うことらしい  私は、最大の徳だと思うのだが だから今の時代の偉い人々は 分からないと言わない 分かるはずのないことまで余裕の痙攣性の笑みで口角をあげ相手を下に見て、余裕で否定するために頷いて見せるようだ  信仰者の中にも分からないと言えない者がいて代わりに何と言うかと言えば そういう見方になるのですね というよ...

… 続きを読む

2016-08-26 (Fri)

「神の前に空しく」

   神の前に空しく  前にも書いたけどとにかく聖書の天地創造をなさって人まで造った御方を表すためにこれ以上ないという形容を集めたのだ 唯一・絶対・全知・全能・永遠・不変・・ これを信じよと叫んだのだ どう信じようがある・・  永遠の最初から終わりまでいったい誰が把握できるというのだ 手に負えない御方について人に知らせるために抽出した言葉はやはり手に負えないのだが 中には手に負えないことを並べて分...

… 続きを読む

2016-08-25 (Thu)

「凝固する信仰」

宗教詩のようなもの、想像、想定に過ぎません・・    凝固する信仰  クリスチャンは感傷的すぎると言って情熱的に硬派を気取る信仰者がいるようだ 情熱は認めるとしても熱が焦がすように情熱が凝固することもあるだろう 信仰が厚く信仰が熱いほど 却って熱の吸着を嫌い情感のない冷たい言葉を好む 情感があると感傷的だと言う 流されると言うのだろう かくして血も涙もない教理が生まれる しかもそこで確定してしまう...

… 続きを読む

2016-08-24 (Wed)

「カルト放置の危惧」

   カルト放置の危惧  「信仰は神キリストとの個人的な結びつきが基本」  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/MYBLOG/yblog.html http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27652883.html  2016/8/24(水) 午前 9:51  彼、シャローム氏は、また他者のブログを転載して、自分を正当化したいようです。 ヨハネによる福音書の最終章です。適当に改行と段落分けをしています。キリストの決意と、弟子たちの無理解が、表...

… 続きを読む

2016-08-24 (Wed)

「彼の嘘」

   彼の嘘   歴史の真実  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27650973.html 2016/8/23(火) 午前 7:34  多くの信仰者は、信仰を神中心に考えます。存在の位格は、神中心ということになります。神は全能者で創造主、私たち人間は全能ではない被造物、と信じているからにほかなりません。 にもかかわらず、神中心に信じようとする人々は、聖書について、自分の、または、教えられた解釈によって、何故か、神は・・、...

… 続きを読む