FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2016年02月
2016-02-29 (Mon)

「遣り取り」

   遣り取り  信仰について考えてコメントの遣り取りをするときも人によっては論争において負けることが嫌いで優位に立ちたいと躍起になって感情が先立って教える側の先生でありたいのか何やら唐突に設問をぶつけて人の心を見立てようとしてきます 罪人と同じ地平に立つなら質問でも意見でもいいのですが文脈から離れて「どうですか?」という感じのテストで試されているような謎かけのような質問には愉快でないものを感じま...

… 続きを読む

2016-02-28 (Sun)

「厄介な観念」

   厄介な観念  神と地上の何かと両方に仕えることは出来ない 信仰と社交と両方に仕えることは出来ない 社交をしてはいけないという意味ではない 付き合いのすべてが社交だけになってはいけない  観念について考えはするけれど観念をつなげば信仰になるわけではなく観念だけでは感動からも情感からも遠くなるだけだ 信仰者が仕えるべきは神・キリスト・聖霊ということになるが 三位一体という理屈で一つということにな...

… 続きを読む

2016-02-27 (Sat)

「近代的自我・・」

   「近代的自我・・」  日常×非日常(Ordinary eXtraOrdinary) 近代的自我からの解放  http://blogs.yahoo.co.jp/masatakahamazaki/27285616.html  に書いたコメント。一部、間違いを修正しています。  vernunftさん 「自分中心に考えてしまうと、真理も自分を強く見せる手段になってしまいますが、そうではない神の真理・・・」 この引用は「愛国と信仰」のvernunftさんのコメントの引用ですが、今日の記事の「我...

… 続きを読む

2016-02-27 (Sat)

「砕かれた心(2)」

   砕かれた心(2)  砕かれた心は失うものがないから新しく与えられ築いてゆくしかありません 自分の信仰の形だけを守ろうとすることは砕かれることを恐れている証拠です何故なら信仰の本質に形はないからです 聖書と教理から観念的な言葉を拾って並べて先入観と条件反射で讃美を繰り返す信仰の守ろうとしているものは積み木ほどの創造性すらない児戯 そして自分の形だけ整えようとする心に対しては敵視し敵対して内省し...

… 続きを読む

2016-02-26 (Fri)

「低きがゆえに」

   低きがゆえに  キリスト者なら罪人の低みに身を下ろせるはずいや信仰者になったときに身を低く下ろしているはず 卑屈に生きよと言っているわけではない 低い人として語らいもするし低い人として抗いもする 高いつもりの人の横暴には抗わないといけない 抗うことが出来なければ祈ってほしい 低きがゆえに恐れない勇気を祈ってほしい 信仰ゆえに身を低みに置いたから信仰しかないゆえに囚われることなく 低きがゆえに...

… 続きを読む

2016-02-25 (Thu)

「丁寧な侮辱」

   丁寧な侮辱  丁寧語による侮辱は罵詈雑言より悪質である 聖書の「悪い言葉」の最たるものである何故なら偽善に通じるからだ 罵詈雑言は発する側の憂さ晴らし受ける側にとっては全く無意味 上から教えることの好きな偽善者や自分信仰者はこういう丁寧語で人を見下すだろう 侮辱した覚えは実際ないのかも知れない 侮辱しないために丁寧語を使ったのだから侮辱するような単語は使われていない それでもしっかり相手を落...

… 続きを読む

2016-02-24 (Wed)

「信仰が・・(2)」

   「信仰が・・(2)」  日常×非日常(Ordinary eXtraOrdinary) 「信仰が先か、聖書が先か」 http://blogs.yahoo.co.jp/masatakahamazaki/27264925.html  に書いたコメント http://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp/18265809.html の続きです。  承認・未承認コメント両方です。 ――――――――――――――――― レス不要ということですが、少しだけ補足させて下さい。  私は何度も言うように、ブログは独話にすぎないと割り...

… 続きを読む

2016-02-24 (Wed)

「愛国と・・」

   「愛国と・・」  日常×非日常(Ordinary eXtraOrdinary) 愛国と信仰  http://blogs.yahoo.co.jp/masatakahamazaki/27278999.html  に書かれたコメント。日時を省略して編集。  抜粋して、まとめているので、少々分かりにくいかもしれません。  st5402jp が私です。  shalom: 「あの戦争のどこに「過ち」があり、なぜその「過ち」に陥ったのかを正しく分析することが必要である。」 アイデンティティが分析の...

… 続きを読む

2016-02-23 (Tue)

「(コメント)何を求め・・?」

   「(コメント)何を求め・・?」  その名は不思議 何を求め、なにをしているのか?  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27276452.html そのコメント欄です。  ※ すでにいっぱい削除した後です。彼は批判コメント削除を正当化したいようです。当てはまらないルールを盾に、次は相手(私)を病気だと決めつけて、自分の削除という行為を言い訳しています。正面で受け止めて反応するのではなく色々な理由を作って...

… 続きを読む

2016-02-23 (Tue)

「罪と共感」

   罪と共感  自分は不完全で罪を犯すという体験的直観に立てるなら罪なき者は一人もいないのだから自分は罪人であるという共感と共有に立つ信仰を持つことになる  一方とんでもないことだが罪をただの悪と苦という忌むべきものとしてのみ考え神を信じることによって罪から救済されることを極めて単純に短絡的に誤解または曲解して救われて罪は赦されてなくなりよって悪もなくなり苦しまなくてよくなるという信仰は言うまで...

… 続きを読む