FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2015年12月
2015-12-31 (Thu)

「その名は不思議」 批判(3)

  トラックバック用  「その名は不思議」批判(3)  ブログ:その名は不思議 記事:死こそ救いの道?!  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27165350.html 「死ななければ最悪の地獄だ」「生きることに希望が見いだせないなら死が救いだ」という文脈を語ることに危険を感じないのでしょうか。 人間は死の実感など持てないのです。明日自分が死んでいることなど想像もできないのです。 いったい人の世界にどのよう...

… 続きを読む

2015-12-31 (Thu)

「信仰と学習」

   信仰と学習  信仰を勘違いして言葉が聖書的な言葉だらけになるのを信仰者らしいことだと信じ込んでしまう そういう聖書的な言葉を聖書語と呼んでいる ある事柄について考えるのに聖書語という表現しかなくなるしかもそれはあまり多様性のある言葉ではないつまり似たようなことを何度も言うことになる これは言葉だけの問題ではない何故なら言葉は心が選ぶからだ 聖書語以外の表現や文脈を不要の物のように使わなくなり...

… 続きを読む

2015-12-30 (Wed)

「超然?」

   超然?  社会からも政治からも現実からも超然として語りたがる者 社会にも政治にも現実に対してもヒューマニズムではだめなんだとキリスト信仰でないとダメなんだと自分の信仰を誇りたがる でありながら自分はどんどんヒューマニズムから離れて人道から離れて神託の祭司として御託を並べる キリスト信仰にとって大切なこととして先ず人は人間でなければならないのに人間らしさを求めなければならないのに スーパーバイ...

… 続きを読む

2015-12-29 (Tue)

「自分信仰者」

   自分信仰者  自分信仰者は自分を信仰する者であり聖書に依っていても自分の解釈を絶対とする 自分信仰者はまるで前提であるかのように自分の正しさを疑わずゆえに自分と異なる信仰を切り捨てる どんなに丁寧な言葉を使っていてもそれはもう直観的のように相手に間違いというレッテルを貼り付けそこから先は異端者あるいは劣った者と他者を見なしている 自分信仰者においては信仰は結論から始まっているので修正の余地な...

… 続きを読む

2015-12-28 (Mon)

「その名は不思議」 批判(2)「幼子・・?」

   「幼子のように?」  ブログ:その名は不思議 記事:幼な子のようにならなければ  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27161137.html  隠し事を不可視化して偽りによって人に受け入れられようとする者はまた古い説教を持ち出して信仰の教師たる自分を誇示しているようです。 >イエスは「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、>天国にはいることはできないであろう。」>(新約・マタイに...

… 続きを読む

2015-12-28 (Mon)

「罪人の自覚」

   罪人の自覚  悪とそれに対応する罪の自覚いや悪と罪のすべてを自覚することは困難なのでせめて自分は罪人であることを自覚しそこで祈りそこから語り行えばそれだけでキリスト信仰の救いに与るには十分であり目一杯と言えるだろう 自分は罪人であるという自覚がなく双方向による修正の可能性さえ捨て去った者はどんなに聖書を勉強していても救いの可能性を自ら捨て去った者であり何を信仰として捧げたとしても人間の世界に...

… 続きを読む

2015-12-27 (Sun)

「奇跡」

   奇跡  キリストは譬え話を多く語った キリストの言葉も譬え話も受け取る者によって様々に解釈されてきた 天地を統べる神の言葉は簡単に人の言葉に翻訳できるほど単純ではないということだろう にもかかわらずそれぞれが自分の解釈を信じ込んでいるというキリスト教の現状である 肉体や物に起こった奇跡が事実かどうかで心を騒がせる者もいるようだが信仰は二千年前の奇跡に頼るのだろうか 二千年前の奇跡以上のものを...

… 続きを読む

2015-12-26 (Sat)

「その名は不思議」改めて批判(1)

   「その名は不思議」改めて批判(1)  その名は不思議 天皇嫌いからキリスト信徒へ  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27154565.html  コメント欄を廃止して彼は伸び伸びしているようです。 コメント欄がなくなってもう誰も批判が出来なくなって純粋に単方向の言い放って終わりということで完結する書き方になります。 そのせいか今日は政治的な記事ですが今まで以上に断定的結論が強くなっています。 >自...

… 続きを読む

2015-12-26 (Sat)

「神が、神が、・・」

   神が、神が、・・  罪悪感を感じないでどこに罪の赦しと救いがあるのだろう 神が、神が、・・と語りたがるその度に外れてゆく人道を省みもせず それはもう意地が訂正不能を固めているようなものだ そのくせ反対意見には何も返すことが出来ない そのくせ神が、神が、・・と語りたがる堂々巡りなのだが 神の言うことを聞いているつもりで 人の言うことを聞く余地も能力も失っている 単方向の言論を「一方的な神の愛」...

… 続きを読む