FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2015年11月
2015-11-30 (Mon)

「労苦」

   「労苦」  ブログ:その名は不思議 記事「神は神。人は人。」  http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27095146.html  他者の記事の引用と彼のコメントを記事にしています。  聖句引用: 人が労苦してみたところで何になろう。わたしは、神が人の子らにお与えになった務めを見極めた。 神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を始めから...

… 続きを読む

2015-11-30 (Mon)

「タイル」

   タイル  人が教理や信条や説教を無批判で受け入れるのは批判するための思考が面倒で思考を停止して染まってゆくほうが楽だからだろう 必ずしも感動して賛同しているからではない 感動的で実のある説教は人々が主体的に考えて掘り下げればさらに感動も深くなるだろう 聖書的な内容だが説教者本人も言い飽きたような言葉には信徒はもっと飽きている そういうことになるのは聖なる言葉だから文句を言わず感謝する前提だか...

… 続きを読む

2015-11-29 (Sun)

「装飾教会」

   装飾教会  説教ではなく処世を用いる牧師がいる教会では 例えば命の道か死の道かと問われれば死の道を選ぶ人はいないわけで逆らわなければ牧師の教理的信条をそのまま受け入れることになる 去ってゆく人は何か反発があるわけだがはぐらかして、まともな返答がなければ去る分には、どうぞ、ということで、止めない、気にもかけていない ・・逸れた羊の話はどこへ行った・・ そして残った人を教理べったりに漬けてゆく ...

… 続きを読む

2015-11-28 (Sat)

「信仰の心と体(2)」

    信仰の心と体?(2)  ブログ:その名は不思議 記事「誓約と結婚 信仰告白の奥義と洗礼」 http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27088943.html  に書き込んだコメントによる私の批判の続き  彼は記事に加筆してさらに聖句引用を追加しています。タイトルに「奥義」という言葉が加わりました。 同名の記事の続きで、今回はまとめずに、コメントの続きをそのまま載せています。彼からのレスは、前のコメントも...

… 続きを読む

2015-11-28 (Sat)

「信仰の道」

   信仰の道  信仰とは神を信じて神の義の成就を祈ることだが信仰とは信仰を求めることである つまり信仰とはある時点で信仰者になることではなく信仰者になることを求めることである 信仰者になっても信仰を持ったことになってもなお信仰を求めることである したがって信仰は手に入れるべきものではなく死ぬまで求めて行くこと つまり道である 信仰の恩恵に甘えて信仰の恵みを手に入れた気分や信仰者の立場を常に持って...

… 続きを読む

2015-11-27 (Fri)

「経過」

   経過  善いと褒め称えられたことがあとには悪い種になるということがあるそれが人の業だろうかと思う 人は結果として留まることは出来ない 人は経過に過ぎないからだまた結論も経過であり過程である 聖書も例外ではないと言えば強迫的先入観に囚われている人はとんでもない・・と怒るかもしれない それこそとんでもないそこで人はしばしば踏み違えるのだ 人の言葉で表されたものは様々な方向に解釈が向かうことがあり...

… 続きを読む

2015-11-27 (Fri)

「信仰と条件」

   信仰と条件  福音そして神の契約は神からの人に条件を付けず告白と祈りによって成立する救いの約束ですが 無条件であるからには人も神に条件を付けてはいけません なのに人は理想のイメージを付けたり習い覚えた筋書きを付けたり美味しい話を付けたり自分の体験と因縁を付けたり自分の頑張りの成果を付けたり自分の誇りを付けたりいろいろします それらは祈りによって告白され反省され悔い改められるべきことです 自分...

… 続きを読む

2015-11-27 (Fri)

「価値基準」

   価値基準  信仰とは価値基準をこの世の基準ではなく神の価値基準に求めることと言えば聞こえはよいが神の価値基準を明確には知り得ないこれで教えたつもりになってはいけない つまり物を捨てるのと違って価値基準を見分けて捨てるというのは潜在意識まで含めるとなかなか難しい むしろ捨てるという百%よりはこだわらない惑わされない考える時間を持つということのほうが現実的かもしれない 捨てるも拾うも遊びは必要な...

… 続きを読む

2015-11-26 (Thu)

「信仰の心と体」

  ブログ:その名は不思議 記事「誓約と結婚 信仰告白と洗礼」 http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27088943.html  今回、彼は冷静に答えているつもりのようです。しかし彼はキリスト者にとって必須の罪びとの自覚と罪びとの立場から語ることをしていないという批判には答えていません。 彼は教会が必要であることの論拠を書いているつもりのようです。したがって今回の私の記事では2つの点が問題になります。 1....

… 続きを読む

2015-11-26 (Thu)

「雑事」

   雑事  嘘のように目覚めると トースターのように起こされて 日脚のようには進めなくて 横町のように歩いて バス停のように佇んで ペンキのように均されて アルミ箔のように返されて 時計のように傾いて 椅子のように座って ソファーのように転寝して 遺影のように灯りを消して ベッドのように縛られて 舌根のように魘されて 涙のようにずぶ濡れでも 頁のように捲られて また瞼のように剥がされて  (20...

… 続きを読む