FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2015年06月
2015-06-30 (Tue)

「自然」

   自然  人の心の自然な営み この世界に生きている限りそれはあり得ないのかもしれないが・・ 宗教がその自然な営みをおかしくすることがある 「宗教とはそういうものだろう」 「実はそのほうが神の御心には自然なのです」 前者に・・違うと思う。それは先入観だと・・人間が人間らしく信仰を営む道があると思うのだが 後者に・・全然違うと感じるまたあなたは神の立場を語っている 人の心の自然な営み 神ご自身が造...

… 続きを読む

2015-06-29 (Mon)

「無理」

   無理  熱心であろうとする信仰の多くは熱心に行為の方向を間違えて熱心を反対の方向に向けて無理に努めている 神との人との立場の違い、創造主と被造物ということを考えるだけでも単純な距離と遠さでは測れないほど決定的な違いがあるのに 何故か神に近づこう近づこうとして神を自分に分かりやすく決めつけてしまう  「神が近づいて 分かりやすく表してくださるのです」  それを自分勝手な 人の決めつけと言ってい...

… 続きを読む

2015-06-28 (Sun)

「悪の問題」

   悪の問題  神によりキリストによって退けられた者たちの問題を他人事ではなく自分に当てはめて考える意識が信仰には必須である 神と神の栄光を語る賛美のみに陶酔して背きと罪と悪と滅びに自分を当てはめて考えるなど及びもつかぬという前提でやすやすと自分を悪から除外して問題の共有も共感もなく他人事としてしまってどこかの悪いやつを責めて戒めるだけのきれいにまとまってしまった言説ほど神と神の栄光から人のほう...

… 続きを読む

2015-06-28 (Sun)

「無能」

   無能  失敗して死ぬことにも失敗した 能力がなくて死ぬ能力もなかった 気力がなくて死ぬ気力もなかった 生きることから逃げて死ぬことからも逃げて 見ることに耐えられず見ないことに耐えられず 悪に耐えられず善に耐えられず 偽りに耐えられず正義に耐えられず 始まることにも終わることにも耐えられない 最後の勇気と思ったときその勇気がないことに気づいた 生きることが出来なくて死ぬことが出来なくて 生き...

… 続きを読む

2015-06-27 (Sat)

「熱心」

   熱心  信仰は神への情熱的で熱心な思いであって信じ込むことではない しかし情熱的で熱心であろうとする信仰者ほど神の真理を得ようとするあまりに信じようとする意志の傾向が強く思いにとどめるという敬虔ではなく不変の事実か真理として信じ込もうとする よって自分の気の迷いか気分変調か自己暗示かもしれぬものをあらゆる思考の可能性をやすやすと捨て去ってついに神の啓示だとばかり信じ込むのである そういう思い...

… 続きを読む

2015-06-27 (Sat)

「見えざる神」

   見えざる神  1.祈っているとき 神の存在を思い描いているのだが 神を信じている人は 神の存在を感じているつもりで 本当の神だと信じている 間違いなく「神に祈っている」と 2.地上の人生が終わって 神の前にひざまずいているとき 目の前の神以外に 1.と同様に 神の存在を思い描くことが出来る どちらが本物か 「目の前の神だ」 何故か 「目の前にいるから」 では何ゆえ地上にいるとき 思い描いてい...

… 続きを読む

2015-06-26 (Fri)

「情欲」

ふと思い出して書いておこうと思った・・   情欲   (マタイによる福音書、口語訳)情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。 (マタイ5:28、新約聖書) ここのことを言っているのか、昔、読んだ本にキリストは男女の愛を否定したと書いてあったのです。 男女の愛を否定したのではない。キリストは男女の愛を述べるために来たのではない。神の愛を宣べるために来たということ・・ この聖句を...

… 続きを読む

2015-06-26 (Fri)

「不可知・一神教の本質」

   不可知   ・・一神教の本質  ここでは可知は人が神の意志を確定的に知り得るということ不可知は人が神の意志を確定的には知り得ないということ 哲学書・神学書は読んだことがないのでいわゆる「不可知論」の「論」は外します。 どう考えても何度考えても神が可知だとは思えないです。  神を可知としてしまうことから様々な災いが生まれる 神の意志だと信じ込むことで主張は信念としての無謬性と絶対性を持ってしま...

… 続きを読む

2015-06-25 (Thu)

「信仰と偽善」

   信仰と偽善  宗教は信仰を生み一方で偽善を生む 信仰と偽善は両立しない 信仰だけ思っておればよいと言っても宗教の偽善は「信仰」の名を携えてくる 自分が善くなっていると感じるのはたいてい偽善だが 叱られても殴られても自分の偽善に気づかないのは偽善が宗教的信念に基づいているからだろう 信仰の偽善は既存の信仰が砕かれることなしには改まることはないだろう 砕かれることは信仰の初めにありその後はないと...

… 続きを読む

2015-06-24 (Wed)

「人の言葉」

    人の言葉   飾らない、 体よくまとめない、 正直な本音、叫び、悲鳴、・・ ああ、ときに、めんどくさい、 人の言葉はいつも神を語ろうとしてはひっくりかえってケガをする 人の言葉はいつも神に従うこと語ろうとしてはすべってころんでコブだらけだ 御心のままに・・・・してくださいと本当に思っているだろうか・・なること知っているつもりで  どうなるか知らない・・なったら自分は幸福だと思えるか  それ...

… 続きを読む