FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2014年04月
2014-04-30 (Wed)

「ゆめ」

なんかですね・・PC、ブラウザ、立ち上げるたびに現れるこのページのこの手書き画像の記事を見ると毎回、イラッとするのです・・何故かな・・いつも殴り書きの手書きの文字は下手で、慣れているはずなのに・・でも我慢の限界なので手書き画像のほうはサムネイルサイズに縮小します。内容も少し修正しました・・  ゆめ  おこないが しょうどうてきに なってきた はんだんが おざなりに なってきた おもいつきが ゆ...

… 続きを読む

2014-04-30 (Wed)

「憐れみ病」

フィクションの想定問答です・・    憐れみ病  某: A先生が心配しておられます。 私: 私の書いたものを見せたのですか。 某: 見せられませんよ、あんなもの・・ でも神様はあなたを守ってくださいますから。 私: 私の意見を知らずに A先生は私のことを心配しているということですか。 だとすれば それはキリスト者が陥りやすい「憐れみ病」です。 某: 憐れみ病?・・なんですか、それは・・ あなたのこ...

… 続きを読む

2014-04-28 (Mon)

「足し算と平方数の三角形(2)」

数学の記事は久しぶりです・・殆ど復習ですが・・   足し算と平方数の三角形    ・・・恒等式と方程式 「タルタリアの三角形(足し算の三角形)」http://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp/10031841.htmlhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n201091「平方数の三角形」http://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp/10102698.htmlhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n201095について前に記事にしましたが  そのときは左端...

… 続きを読む

2014-04-28 (Mon)

「落ちる」

   落ちる  ストンでもドスンでもいい落ちるとき 擬音語が付くのは落ちた先がある こわいのは音もしないで落ちるとき 知らぬ間にまわりが変と気づくだけ 落ちたのにまわりのせいにしてたから  (2014年04月28日)  にほんブログ村 暗い詩 にほんブログ村 思想 にほんブログ村 キリスト教 ...

… 続きを読む

2014-04-27 (Sun)

「病識」

   病識  インプットは妄想でアウトプットは症状だとしたら これは特定の人だけに当てはまることだろうか 人に巣食う病気が常態だとしたら  病むゆえに病ませる関係は底なしの闇だろうか  関係は相変わらずありふれているだろう 常態ゆえに病気は特殊ではない  病気を覚えないことが特殊なのだ 病気はないと思い込むことが異常なのだ  大丈夫とは健康で強いことではない 大丈夫とは病気のまま生きていられること...

… 続きを読む

2014-04-24 (Thu)

「死の悲しみ」

   死の悲しみ  自分の死は自覚できないから  死はいつも他人事だ  だから決定的に 死の悲しみはいつも どこか足りない  (2014年04月24日、同日一部修正) 当たり前と言えば・・当たり前なんだが・・  にほんブログ村 暗い詩 にほんブログ村 思想 にほんブログ村 キリスト教 ...

… 続きを読む

2014-04-19 (Sat)

「花・・俳句?」

・・テレビで俳句教室をやっていたので私も何か・・と書いてみました・・下手です・・   菜の花をバックに車窓の影を撮り 旅の思い出ですが・・ちょっと異常で・・肖像権大丈夫か・・という気もしますが・・若いころの話で・・影は初対面の女性です・・同じ汽車に乗って1時間以上向かい合っていながら・・声をかけるということが出来ませんでしたその勇気がなかったからこうなったのか、そういう男だから声をかけることすら出...

… 続きを読む

2014-04-17 (Thu)

「水の泡」

・・日記的ブログ的感慨も込めて・・?    水の泡  形を鑑賞されることもなく色を愛でられることもなく多くは集団の中の個として無視され続けている とても短い生涯の大半を無駄に終わることと見なされて冷遇される成り行きゆえにこれは相当に透明だ 未知に従順で水も空気も超えることはないが極小の個は両手を広げ張り切って破裂する 誰にも見られることなくそんなことお構いもなく一瞬の空を映して写して弾けて撥ねる水...

… 続きを読む

2014-04-17 (Thu)

「存在と方向+再録」

・・ガス抜きみたいに似たようなことを書くのですが・・    存在と方向  神の存在は証明できない。神の不在も証明できない。だから神は信じるしかないのだということは誰でも認めるだろう。 では何をどう信じるというのかという疑問があって当然なのだが多くの人はここを考えずにスキップしてしまって教理・教義・解釈を信じている。これらは人が作ったものである。 人の解釈を信じることは人を神とすることであり神に背く...

… 続きを読む

2014-04-14 (Mon)

「桜」

・・また焦心と傷心の発散なのですが・・    桜  桜が咲いている桜の木が生えているのは私の腕だ 桜の花が散った散った花びらは私だ散ったので私だ腐ったので私だ 私が立っている地面を消してくれ桜が立っているのは私の体だ私の体が立っている地面を消してくれ腐ったので消してくれ 桜を見た私の視線を消してくれ桜は美しいという私の記憶を消してくれ私というフィルターから私までのすべてを消してくれ 他の人々のこと...

… 続きを読む