FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2014年01月
2014-01-25 (Sat)

「干支と還暦」

   干支と還暦  今回は干支(えと)についての話なのですが・・陰陽五行説というのがあって暦だけでなくいろいろに使われているのですが、陰と陽とかの説明の文章を読んでも私にはよく分かりませんでした。それで、専門家の人には笑われるかもしれませんが、ここではネット検索などをもとに暦年についてキーワード「生命消長の循環過程」として、十干十二支に当てられた漢字について陰陽をあまり使わずに生命盛衰の循環過程と...

… 続きを読む

2014-01-20 (Mon)

「痛み」

   痛み  顔が痛いのです顔だけではないのですが肥満して腫れて浮腫んで弛んで垂れているのです 小さい社交の世界を守ることに汲々として保身できなかった罰のように比喩は虚しくなりました あちこちに出血斑が出血の跡の瘡蓋が今までになかったものなのに新しいものでもなく古傷が顔を出したように痛覚と痒覚がピリピリと刺してくるのです いかなる尊厳といかなる屈辱がこの痛みを際立たせ悲しませているのでしょう 晴れ...

… 続きを読む

2014-01-13 (Mon)

「マイナス軸」

晴れているのに暗い感じ?の海(有明海)    マイナス軸  マイナス軸から眺めているから暗いことばかり書いていてかなり過去~現状の不満もあるのだろう 外を見ても明るくは見えなくて明るく明るく振る舞うお勧めのどこかがいつも嘘に思えてしょうがない 軸がマイナスになるのにはそうなる原因が内にも外にもあるのだろうあったのだろう 若き日の失恋があり幾度かの挫折がありルサンチマン(負け犬根性?)があるのだろう...

… 続きを読む

2014-01-10 (Fri)

「正月」

 正月  光に温もりがあるという勘違いをさせる正月も光速 ひれ伏すように天にも自然にも参りましたでは済まないだろう 口を開けて少しゆがめて目を閉じるまた薄く開けてコップ酒を見つめている ゆるい甘いと思うけれど凝縮をたくらめば凝り固まりのあつらえたセメントの狭い舗道が待っているから いつまで気分というわけにもいかないから紙だけじゃ書けなくてペンとインクに濡れている  (2014年01月10日)  に...

… 続きを読む

2014-01-10 (Fri)

「無縁」

 無縁  どんなに誰かがうらやましくても私は私でありたくてどんなに痛いだけの生き方でも死に方でもほかの人生を選ぶことはないほかの誰かになりたくもない 誰とも縁がなくても誰かと縁のある別の誰かになりたくはない孤独にはそうなる必然があるのだろうわけは分からないが私が私としてその必然を持っているならごまかして誰かと縁結びなんてことはあり得ない それにしても21歳で私の人生から消え去って音沙汰もない君を年...

… 続きを読む

2014-01-07 (Tue)

「人類が増やしてきたもの」

   人類が増やしてきたもの  産業革命以来、特に20世紀以降に人類が増やしてきたものを今思いつく範囲で上げてみると 1.人口 それに伴う大量生産・大量流通・大量消費など 2.熱 エンジンはもちろんですが、 電気モーターや、原子力や火力や地熱発電でも熱は発生します。 加えて戦争に費やされる火力・・。 3.二酸化炭素 (1.2.にも関連か・・) 4.放射能 自然界レベル+人工的放射能が増分となり、 ...

… 続きを読む

2014-01-07 (Tue)

「透明と透明」

   透明と透明  透明感?・・とんでもないわたし、どろどろの濁り酒ですからねこびりつきたいんだよ、わるいけど 透明感なら・・笹井宏之だろ 滝までの けものの道を走り抜けあの子は歌手になるのでしょうね(笹井宏之・・わたしの記憶は不正確、ごめん・・) 歌手志望の女の子にでも会ったんだろうか見たのだろうか上の句の激しさと下の句の距離感の不思議、わたしの世界にpopしてきた夭折歌人だ・・しかも最近だ わ...

… 続きを読む

2014-01-05 (Sun)

「愛が引き裂くもの」

 愛が引き裂くもの  食い違うというほどではなく歯車は歯の僅かなズレで回るほどに摩耗してゆく よかれと思ったことに過剰な期待を抱く出会いであったなら誰にも出会ったことはないと思っているほうがよかったのだろうか どうかあなたの信じるものと暮らしてください私のいない世界であなたの信じるものといっしょに 縁があることを疑いもせずに受け入れることがどうしても出来ないからお互い与えようとしたものは贈り物にな...

… 続きを読む