FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2013年01月
2013-01-30 (Wed)

「バカとモンスター」

バカとモンスター  いかなる道を選んでも 集団や組織の中でしきたりや規則に染まりながら(マニュアルは指針であって心ではない)いずれ競争を強いられ慣れる人もいるだろうけど たとい孤高を目指しても孤高は孤独な孤立なのだが いかなる道を選んでも 論理に身を投じる人は論理つまり理屈だけだと人間離れしたモンスターになるから論理バカを自覚することが救いになる 情緒に身を投じる人は情緒つまり感情だけだと感情的な...

… 続きを読む

2013-01-27 (Sun)

「重いテーマのブログについて」

 重いテーマのブログについて  私は反対意見を受け付けないブログを、経験から、基本的に信頼しないことにしている。 個人の日記的または趣味的ブログなら気に入らないコメントは勝手に削除するというのも、ある程度、許されるだろう。 しかし、政治、思想、宗教など、大きく重要なテーマについて思索を掘り下げる必要のあるブログでは反対意見の承認制による不可視化~削除は、やってはいけないことだと思う。 自分に反対意...

… 続きを読む

2013-01-21 (Mon)

「亡国の標的」

亡国の標的  天災と、過失や怠慢の人災だけではない。仮に悪意に満ちた国が、結果的にその国も滅びるかもしれないが、 日本を壊滅させるために最も効率的な手段は何かと考えると 原発一基に一発ずつ、核兵器でなくても、ミサイルを命中させればよい。 それを防ぐために原発を廃し核燃料を地下深く埋めても、その地下の深いところが不安定なのが日本列島の特徴である。 原発を建て核燃料を保持した時点で既に手遅れだったのか...

… 続きを読む

2013-01-09 (Wed)

「パルス」「笑う町」「止めてごらん」

パルス  咳込む深夜の咳は天使のように寂しげだ 胸につかえるのは出し損ねた粘性の小さな粗大ごみ 出されて寒空の下硬く冷たい凹みの袋の中身に応えている (2013年01月09日)   笑う町  昼が笑い夜が笑い通りが笑いぎらぎら笑って部屋が笑い口が声もなく笑い気道が音もなく笑い腹筋が笑い痙攣が笑う しまいに笑っているのか何か忌まわしいものに笑われているのかも分からなくなって 空気を空間を瞬時に押して...

… 続きを読む

2013-01-07 (Mon)

「貧富と国と愛国心」

貧富と国と愛国心  金持ちがどんなに金持ちになろうと何の支障もないのだが貧乏が「底なし」になると自殺と孤独死は増え凄惨を極めそして治安は悪化するだろう街や都市には独りで歩くと危ないと言われる地域がたくさん出来てくるだろう 国がリーダーシップやカリスマ性で万能感を振りかざし完全や万全や安全を保証するかのごとく国民を引っ張ってゆき国民は、感じの良さそうな人だからとお任せしますということで良いはずはない...

… 続きを読む

2013-01-07 (Mon)

「祝(呪)いの詞」

祝(呪)いの詞  いちにち すぎただけの しんねんにひとびとは あけまして おめでとう あけまして めでたくもなし かねもなしちせい おとろえかれる かんせいつきる うんせいあらゆるものからしぬのを またれているようなひがいもうそう きょねんもおおくのものをうしないました うまれて このかたたれにも あったことはないとまえにも かいたしもっと まえから おもうことがあった めぐりあったと おもった...

… 続きを読む