FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Archive - 2010年11月
2010-11-29 (Mon)

「妄覚」「冬の生殖」「凌ぐ癖」

  妄覚 妄覚というものを知っているかそれは果てしない詩だしかも文学ではないむしろ癌の増殖の無秩序だ誰にも理解されることのない名前のない目まぐるしく歪んで人間に正当に属する形とも色とも声とも認めてもらえないものだしかしその中からかつてそれら以上のものをぶつけられたことがある (1997年1月12日)    冬の生殖 胸は吹き抜けの希望に満ちているくまなく暖めるのは至難の業(わざ)だ腹は吹き溜まりの...

… 続きを読む

2010-11-29 (Mon)

「自己嫌悪」一・二

  自己嫌悪・一 死ぬのだったそして死ぬのだっただから死ぬのだったしかし死ぬのだった順接逆接死ぬのだった死に続けるのだった風のように絶え間なく消えながら去り続けるのだったそれが来ることであり渡ることだった (2000年11月18日)    自己嫌悪・二 自分らしく生きるのではなく自然に生きるのでもなく自然になれ例えば水になれ勾配に任せて自在に形を変えて流れるだけの水になれ濁りもバイ菌も扱おうとする...

… 続きを読む

2010-11-29 (Mon)

「イメージ・断片」一・二・三

  イメージ・断片     一 緑の向こうに濃い緑その向こうにまた緑その向こうに人バキッ耳に残る急ぐ足の下に枯れ枝がたまたま折れやすくあっただけなのだが     二 走るオートバイの上から葉を残した落葉樹を見つけるのに時間がかかった寒さはすでに秋から冬を教えているのに秋には秋をなぜ探す     三 枕木の上に横たわる霧を轢(ひ)き轢き列車は自らを牽引する遠く向こうの霧の中へ後戻りできない水滴を乗せ...

… 続きを読む

2010-11-29 (Mon)

「殺すなら」

  殺すなら 殺すなら生命保険を解約する前に貯金や積立もある程度残っているうちに殺してくれ会いたくはないができるだけ幾ばくかのお金を残してやりたい人がいる死後に残したものが悉(ことごと)く消え去って自分が生まれても生まれなくても全く変わりなく進んでゆく歴史に頓着はないから安心してさっさと済ませてくれ神が殺すのならお迎えなら何の文句もない人が殺すのなら抵抗できない状態で殺(や)ってくれ死は受け容れて...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「子供になる」

  子供になる 年老いた母が握り寿司を買ってきた安いのがあったから母が食べたいから年老いた出来の悪い息子の私にも食べさせたいから母の愛である 食べたいのを取りなさいと母は言う 母はへりくだる息子の選択を優先させる母の愛である 甘いものなどもそうだがあたしは一つ、あんたは二つと愛のへりくだりも口に出して言われると何だか・・・ 以前は少しイラつきながら耳の遠い母に大きい声で母さんがぁー、先に取って!と...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「偽りの時間」「退行」「癒しの旅」

  偽りの時間 巷に時間を売る商売の流行るころ深緑の儒学の森を歩いて樹木のまばらな所を見つけて根っこに腰掛けた地面が枯れ葉に覆われているのをおかしいとも思わないで拾った汚い画集を逆さと気づかないままゆっくり開く動作をしながら吸えるだけ空気を吸ったそして死なずにいてくれた人たちのために用意することのできなかったものを死んでしまった人たちのために背負うことのできなかったものを偽りの指で数え始めて呟く ...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「弱虫で在ること」「うねり」「個と種」

  弱虫で在ること 弱虫が捨てられたビルの根元から這い出してきて 舐(な)め合っている渾身(こんしん)の力でぶつかり暴れ叫びたいのだが残っているのは辛うじて這う力と潰れた顔だけだから 舐め合っている泣くんじゃない泣け好きなだけ誰も頼るな自ら立ち上がれ独りは良くない皆で寄り添え教えられ振り回され目を回されわかっては いないわかってはくれない誰もそれだけ分かりやすくて ときには僅かな地熱が灼熱の炉にお...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「貯え」「夢の日」「夢の花」

  貯え 灯油缶を持ち上げるときには特に二缶持ち上げるときには缶が真横に来るように二つの缶の間に立って足を少し前後に開いて膝を手が取っ手に届くまで曲げて取っ手をつかみ膝を伸ばし垂直に持ち上げる間違っても体の前方で力任せに持ち上げるのだけは止めておくそう決めたのは治らない腰痛に気づいてからだった今では洗面所で前屈(かが)みになって髪を洗っているだけでも痛い灯油缶を持って階段を上るときには膝を大げさな...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「世界観妄想」

  世界観妄想 プラスとマイナス陽と陰NとS光と闇世界の本質は「対」をなしているのか しかし次に滑らかな円が無限個の三角形であり錐体は柱体の三分の一でありさらに「三位一体」世界の本質は「三」でトリニティ・トライアングルか しかしここで黄金分割であるしかも正五角形に表れている三角形を含んでいる世界はペンタゴン界!? さらにさらにオイラーの公式と等式こうなると狂おしくなってきてしまいに世界は虚数だなど...

… 続きを読む

2010-11-25 (Thu)

「何をやっている」

  何をやっている 私は何をやっているのだろう便利というわけでもなくただ素朴に面白くて数字と記号で遊んでいるつもりが逆に数字と記号に頭を痛めて便利というわけでもないのにもてあそばれ振り回されているようだ じっと見つめると数字も記号も文字も馴染んできたはずの意味を失い壊れた模様に見えてくる ああ私は何をやっているのだろうしんみり素朴に真剣に祈っているつもりが毎日同じことばかり祈っている文言まで殆ど同...

… 続きを読む