FC2ブログ

ウソの国ー詩と宗教(戸田聡)

キリスト教、ポエム、宗教詩、数学・図形、など

Top Page › Category - キリスト信仰と批判
2021-05-06 (Thu)

信仰は2

   信仰は2  信仰は史実に依拠しない史実であってもなくても聖書によって信仰は生まれるからであるまた信仰は出来事に依拠しない さらに信仰は人にも組織にも依拠しない 信仰は神への恐れとキリストの愛のみに依拠する 与えられるためには人間らしい温もりと潤いが必要である 与えられるのは人間らしい温もりと潤いに相応しい道である 決して安穏の保険ではない 奇跡と神秘の沙汰は神に任せられ人が云々できることでは...

… 続きを読む

2021-05-01 (Sat)

当てにならない2

   当てにならない2  私たちは実に当てにならない世界に住んでいる。実際は当てにならないのは私たち人間の心であり内部である。 入力は総て感覚器を通している。内部処理は総て脳が行っている。いずれも寿命が尽きればなくなるものでありこれらは寿命がある間は維持されるけれど本当に変わらないで維持されているかどうか厳密な検証は不可能である。 当てにならない世界を当てにならない知情意をもって断定できる何があろ...

… 続きを読む

2021-04-29 (Thu)

さかのぼる矛盾3+

   さかのぼる矛盾3+  さかのぼる矛盾 https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12448602201.html 再録+  いたはずの先祖から幾千年の恨みの坂を今をさかのぼりいずれ上らねばならぬ 経験は否定できない個人にとっては真実になりうる経験から与えられ考えたことは否定できないしかしあまりに出る杭は打たれてマイナスの経験が繰り返されるとあらゆるものから身を引くことが真実になってくる信じて待ち望むことが罪に思われ...

… 続きを読む

2021-04-25 (Sun)

救われる条件(2)2

   救われる条件(2)2  キリスト者になると柔和な人間になるとあるいは社会的基準においても善人になると思われているかもしれません。 信仰の結果として善を目指すでしょう。 しかし、実際は、必ず善人になるかどうかは分かりません。普通の人間と同じようにときに頑なになることもあります。 さらに信仰があるという自覚ゆえに特に教理や善と悪と罪の意識においてかえって人一倍、頑なになることがあります。 それは...

… 続きを読む

2021-04-23 (Fri)

神について語るには3

   神について語るには3  キリストや聖霊についても同様ですが神という御方を考えるとき全知全能の神については私たちの概念の箱には到底納まらないということを先ず言いたいのです。 神と聖書について人間が持つべき箱は修正可能な分かった "つもり" の箱と分からない保留の箱だけです。 したがって「神」を概念や観念として言葉で考えることは無理すれば人が全能者を扱うことになり教条主義という罠に堕ちるでありましょ...

… 続きを読む